2016年4月より 電力自由化で自分で小売電気事業者を選ぶことができるようになりました。

だからこそ、引越し先でちょっとめんどくさい事手続きが必要になりました。

めんどくさいといっても、選ぶだけなんですけどね・・・

引越しのとき、電力自由化ってこんなことなんだ!って思うかもしれません。

わかっているようで実は、その場面にならないと気が付かないのですね。

引越しで新しい住居に移るとき、

電力会社を選ぶ、というひと手間が増えたのです。

ちょっと めんどくさく感じるかもしれません。
どういうことかというと・・・・

引越ししたら、以前は地域の電力会社へ連絡するだけでよかったですよね。

もうちょっと言えば、連絡しなくても自動的に納付書が送られてきて支払えば

契約完了!的な・・・・

ところが、

入居後、電力会社(=小売電気事業者)を選んで 連絡しなければならなくなりました。

選ぶといっても400社余りある小売電気事業者の中から

選ぶのって結構めんどくさい。。。

しかし、選んで契約していないと逆に、めんどうなことになりますよ。

引越しでわかった!電力自由化後の電力会社選び

2016年4月以降引越しした場合、
入居先に地域の電力会社への契約書類がおいてありません。
なぜなら、まず電力会社を選ばなければならないからです。
電力会社を選んで連絡をしておかないと、こんなめんどくさいことになるようです。
 母と娘の会話です。
実例:就職で一人暮らしを始めた娘から こんな電話来ました

娘

おかーさん、明日で電気止めるってハガキ来てる


母

え?電気代の納付書はきてなかった?


娘

きてない。ハガキに電力会社を選んで連絡して、って書いてある


母

そういえば、大学進学で引越ししたとき 電力会社へ送る書類がおいてあったのに今回はなかった・・・変だな~と思っていたんだよね。

そうなんです。

2016年3月以前は 電力会社は当たり前のように
引っ越したら「うちへ書類送って!」って感じで契約書類を置いてたのが



電力自由化だから 電力会社、選んでくださいね~」
ってことになったのです。

だから、2016年3月までは、電力会社は選べず決まっていて
電力会社への契約書類を放置していたら自動的に納付書が来る→納付書で払う

という流れがチョ~っと変わりました。

だから

電力自由化で 電力会社を選んで契約していないと

最悪電気止めますよ!!という運びになるのです。

選んで契約するのはめんどうですが、

自分のライフスタイルに合わせたり、

お得なプランの電力会社を選べるようになったのですから、存分に活用していきましょう。

全国共通、基本料金0円、解約金、違約金なしの「Looopでんき」がおススメ

娘

おかーさん 事業所400か所以上あるよ。どうしよう?

電力自由化で、小売電気事業者は400社を超えました。

さらに、1つの事業者のなかに、いくつものプランがあります。

たくさんのプランの中から自分に合ったものを探すことになるのです。

またまた、めんどうですね。

こんなとき

全国どこでも 同じ料金プランで展開しているLooopでんきがおススメです

地域に関係なく、基本料金0円、解約金、違約金のリスクなしで 申込みもWEBで簡単です。

Loopでんきは、料金的にも納得ですが、

環境にも配慮した再生可能エネルギーをもとする電力を供給しています。

環境にもお財布にも優しいというわけですね。

引越し先で やらなければならない電力会社選びですが、

Looopでんきで めんどうをなくしませんか?

こちらも↓↓↓ 参考にシミュレーションしてみては?

Looopでんきは一人暮らしの電気代が高くなるって本当?

 

料金シミュレーションで早速ためしてみる

  ↓ ↓ ↓