2016年4月から電力自由化となりました

もうすでに ご存知のことと思いますが、
ライフスタイルや価値観に合わせ、
電気の売り手やサービスを自由に選べるようになったのです。

自由化されるのは、
一般家庭や小規模店舗向けの低圧電力です。

Looopでんきは、
電力自由化にさきがけて、

2015年10月、
経済産業省より登録小売事業者の認定を受け

2016年4月、
電力自由化と同時に申し込み受け付けを開始。

自然派エネルギーによる電気供給する会社
として注目を集め、
大きな話題を呼びました。

 

政府に小売電気事業者として申請をし
認定された事業者は447件あります。

(2017年12月14日現在)

 

Looopでんきに切り替えする前に、

これだけは絶対読んでおいてほしいことがあります。

 

Looopでんきの魅力とサービスを受けられない家庭もある、
ということも説明しています。

次の項目を確認してくださいね。

目次

Looopでんきの特長

 

電力提供元の株式会社Looopは、

3.11東日本大震災で
被災地に太陽光発電システムを
設置するボランティアから誕生。

自分で設置できる太陽光発電システムを開発。

その経験から、
太陽光、風力、水力などの自然派エネルギーを
発電のスタンダードとすることを目指す。

地球にやさしい電力を求めているなら断然Looopでんきです!

気になる料金プランですが
おうちプランでは、
基本料金が0円、支払いは使った分だけ。

今まで、
たくさん使ったら単価が上がる料金設定に
疑問があっただけに、これは納得です。

普通は、たくさん使ったら安くなったりしますもんねぇ。

Looopでんき料金プラン申し込みははこちらから

 

Looopでんきを使い始めてから

・気に入らない
・納得できないというときでも
解約金、違約金ともに発生しません。
契約期間のしばりもありません。

なので
まずは試してみたい、というときもリスクはなく安心です。

申し込みは
24時間、WEBでかんたんにでき
忙しい人も手間いらず。

こんな嬉しい特長を持っているLooopでんきですが
デメリットって何だろうって思いますよね。

Looopでんきのデメリットとは

1.オール電化には対応していない。
2.支払いはクレジットカード決済のみ
3.明細確認はWEBのみ

それぞれ詳細にデメリットを見てみますね。

1.オール電化には対応していない。

オール電化は、
夜間蓄熱型機器などの利用により割引、
季節や時間で割安な単価が設定されている。

などの理由で
Looopでんきの料金プランでは
お得にならないことが多い
のです。

基本的にオール電化では申し込みできません。

2.支払いはクレジットカードのみ

電気料金を安く設定するために、
支払い方法を限定
しています。
Visa、MasterCard、American Express、DinersClub、JCBカードのみ支払い可能です。

現金主義の家庭や高齢者など
クレジットカード決済をしていない場合は
申し込みができないというデメリットがあります。

コンビニ支払いや、
口座振替での決済ができるように
サービスの充実を期待したいですね。

3.明細確認はWEBのみ

電力会社が発行していた検針票は発行されないので

「Looopでんき ご契約者さまマイページ」上の

請求書で使用電力量を確認することになりますね。

インターネットが普及し、
パソコンやスマホが使えるので、
デメリットといえるほどではないにしろ
紙で届く明細書が欲しいところです。

以上

Looopでんきのデメリットを見てきましたが、

こんなデメリットでは申し込みできない、
というような感じではありませんね。

では、Looopでんきのメリットとは何でしょう?

Looopでんきのメリットとは?

1.太陽光、風力、水力など自然エネルギーの普及を目指している。

2.料金プランがシンプル

3.24時間、WEBで簡単に申し込みができる

この3つがLooopでんきのメリットと考えられます。
一つずつ見ていきましょう。

1. 太陽光、風力、水力などの自然エネルギーの普及を目指している。

Looopでんきは、

3.11東日本大震災の被災地に
太陽光発電を設置するボランティア活動の経験から
自然エネルギーの普及を目指しています。

そのため、

エコを意識している人や

再生可能エネルギーの普及に前向きな会社を

応援したい人にピッタリです。

 

 

2.料金プランがシンプル

おうちプランとビジネスプランは
ず~っと基本料金が0円です。
契約アンペアに関係なく0円。

使っても使わなくてもかかる
基本料金が0円ということだから、

とても節約になりますね!

Looopでんきが、
なぜ基本料金が0円にできるのかというと

従来の電力会社とは異なり、

火力発電所や原子力発電所のような大規模な施設を持たないため、

固定費が少なくてすむからです。

さらに!お得なのは
一般的に
使えば使うほど単価が高くなっていた料金設定とは違い

使用量に応じた従量料金で支払うようになっています。

つまり、

たくさん使っても1kwhの単価が一律で
高くならない料金設定なのです。

一方Looopでんきでは?

これはもう、Looopでんきならではの
電力自由化の醍醐味といっていいでしょう。

一律の単価でわかりやすいシンプルな料金設定です。

プチ・デメリットとして、

電力使用量が極めて少ない人には割高になるケースがあります。

こちらの記事をお読みくださいね。↓↓↓
Looopでんきは一人暮らしの電気代が高くなるって本当?

 

Looopでんきのホームページでシミュレーションできるので
納得のいくまで試算してくださいね。



 

3. 24時間、WEBで簡単に申し込みができる

どれだけお得になるかのシミュレーションや
申し込みなどは、
WEBで24時間対応しています。

 

WEBの契約者MYページより変更可能な内容は、
・登録している電話番号、
・苗字が変わるなどの変更。
・供給地点特定番号の変更がない住所表記のみの変更。

既に申し込んだ料金プランなどの変更、
引越しや引越しによる解約の場合は、
Looopでんき コンタクトセンター(0120-707-454)へ。

Looopでんきからほかの小売電気事業者への切り替えによる解約は、
連絡なしで大丈夫です。

各種相談窓口・・・
Looopでんき コンタクトセンターで対応しています。
低圧、電話番号0120-707-454(年中無休 9:00〜20:00 )
高圧、電話番号0120-606-861(平日 9:30〜17:30 )
なお、IP電話・国際電話からは受け付けしていないので注意が必要です。

Looopでんきに切り替えることで心配点は?

・品質は下がりませんか?

Looopでんきの品質が下がることはありません。
発電する電気は、今までの電力会社の送配電網につなぐために品質維持が求められてます。
また、送配電網に接続してからは他社の電力と混じった状態となります。
そのため、事業者の違いによって品質が低下することはありません。

・Looopの発電所の故障で急に停電になることはないですか?

Looopの発電所に故障が発生して発電できなくなっても、
一般送配電事業者が不足分を供給するため、急に停電になることはありません。

・Looopが倒産したらどうなりますか?

一般送配電事業者がセーフティネットの機能を義務付けられているため、倒産した新電力に代わって電気を供給します。
その後は、他の電力小売会社と契約することができます。
また、その際に負担金は発生しません。

どの小売電気事業者を選んでも、このような心配は同じように起こります。

なので、「Looopでんきだから心配」ということはありません。

Looopでんきのデメリット、メリットに納得したら

Looopでんきの自然派エネルギーの発電で
地球とお財布に優しい電力として
選んでみてはどうでしょうか?

24時間、WEBからいつでもお申込みが可能!ですよ。

忙しい方にも手間を取らせません。

進学や就職、結婚など、新生活のスタートや、
新しい電力への見直しなど

自然派エネルギーのLooopでんきを
検討してみてもいいかもしれませんよ。。

Looopでんき、特長についてまとめてました。

Looopでんきに切り替え前に よく読んで選んでくださいね。

きっと満足できるはずです。

Looopでんき、公式ページはこちらから